猫風邪(猫ウイルス性呼吸器感染症、猫カリシウイルス感染症

鼻水・くしゃみ・咳・目やにが出るなど、人の風邪のような症状を引き起こす病気。ヘルペスウイルスやカリシウイルスなど、いくつかのウイルス感染から起こります。

症状が重いと食欲がなくなり、特に子猫では衰弱がひどく、命に関わることもあるので注意しましょう。

猫パルボウイルス感染症(猫伝染性腸炎、猫汎白血球減少症:FPV)

「猫ジステンパー」とも呼ばれます。感染すると激しい下痢・嘔吐を引き起こし、命に関わる病気でしたが、ワクチンが開発され発症例は減少傾向ですが油断できない病気です。

猫白血病ウイルス(FeLV)感染症

ウイルスの感染症で血液をつくる働きに異常が起こり、リンパ腫や貧血など様々な病気や症状を引き起こします。

猫伝染性腹膜炎(FIP)

ウイルスに感染したことが原因で腹膜(胃、肝臓などの臓器の表面、腹壁の内側をおおっている膜)に炎症が起こる病気です。ウイルスに感染しても発症しないこともありますが、発症すると完治が難しく、危険な病気です。

 

ウエットタイプ

下痢・嘔吐・貧血などとともに腹や胸に水がたまってお腹が膨れ、呼吸困難などの症状が現れます。

ドライタイプ

目にブドウ膜炎が発生したり、脳内に炎症が起こって麻痺や痙攣などの神経症状が現れる。また腎臓や肝臓にも異常が起こります。

猫クラミジア感染症

くしゃみ・鼻水・咳など風邪のような症状が現れるほか、口内炎・舌炎・目やに・結膜炎などが見られる。回復後も長期間ウイルスが潜伏し続け再発する可能性もあります。予防はワクチンによって行い、感染した際は抗生物質投与となります。